意外に見落とせなかった!おもちゃ遊びの絶大な効果

おもちゃ遊びのさまざまな効用

小さなころから身近にあったおもちゃ。つみきあそび、ボール投げ、お店を疑似体験する模擬セット。あなたはこどもの頃どのようなおもちゃで遊んでいたでしょうか?今でも思い出すだけで楽しい気持ちがよみがえってくる方もいるかもしれませんね。こどもの頃には気づかなかったかもしれませんが、実はおもちゃ遊びにはたくさんの効能、効果があります。普段は見過ごされている絶大なおもちゃの効果・効能を再確認していきましょう。

手先の感覚、器用さの獲得

パズルやブロック、積み木やボールなどを扱う事で手先が器用になります。お城を建てること、ボールをぶつけること、ブロックを握ったり離したり。大人からみればなんと言うこともないことですが、こどもにとっては楽しくて仕方ない時期があります。この時に手先が器用になり、じつは同時に「多い・少ない」「大きい・小さい」「重い・軽い」などの概念を自然に獲得していくことになります。手先という身体の発達と同時に知能の発達も促します。

模倣を通じた社会的役割の獲得

おもちゃのフライパン、ヒーロー変身セット、魔法少女のアクセサリーなどによる「ごっこ遊び」によってこどもは自分の社会的な役割を自然と学ぶことになります。こどもはそれまで自分が持った事のない役割を果たす事でたくさんの事を意識し、身につけていきます。「じぶんは他の人からどう見られているのか」「他の人をどう見ているのか」「じぶんは遊びの場でどんな役割を果たしたいのか」という、他者と関わる上での社会性を自然と学ぶ事ができます。

パワーストーンのおもちゃは珍しいですが、買い取りは普通のおもちゃの買取りよりは高めであると思われます。