高級ピアノブランド・スタインウェイの魅力と国産ピアノの違い

スタインウェイとヤマハのピアノは何が違うの

スタインウェイはドイツ製の伝統あるピアノブランド。ベーゼンドルファーやべヒシュタインとならんで世界の最高級ピアノで有名です。一千万円を超えるピアノが多く存在し、すべてが職人の手作業で作られるんですよ。一方、ヤマハのピアノはどうかというと、工場で正確に数値を計って作られています。木の乾燥度や微妙な音の響きですらメーターで計測しながら作られるので、大きな間違いはありません。ですが、昔はヤマハも手作業で作られていたはず。いつから機械化されてしまったのでしょうね。

日本でも職人の技が活きるシュベスター

実は、日本国内でも職人が手作業で作り続けているピアノブランドがあるんですよ。ブランド名はシュベスター。全盛期はヤマハの3倍の値段で売られていました。一台一台がオーダーメイドのため、すべてのピアノが世界でたった1台だけの超プレミアム。ですが、現在、シュベスターの名前を知っている人がほとんどいません。その理由は、職人のほとんどが他界してしまい、今も日本人の跡継ぎがいないと言われています。他の企業のエンジニアが弟子入りを希望して工場に訪れるようですが、その工場の職人さんがすべて断ってしまうとのこと。「機械に頼っている人間に本物はつくれない」そうです。ポリシーを持ち続けながら、最近、海外から来た弟子を受け入れたと風のうわさで聞きました。

スタインウェイとシュベスターの関係

シュベスターとはドイツ語で「姉妹」という意味で、シュベスターはヨーロッパから伝わってきたものでした。ベーゼンドルファーの流れが濃いとも言われていますが、スタインウェイ・ベーゼンドルファー・べヒシュタインのようにすべてを職人の手作業で作り上げるポリシーは、この三大ピアノブランドの流れを受け継ぐ「姉妹」であることの証明。ピアノとは音を楽しむための機械ではなく、職人によって命を吹き込まれた「生き物」。スタインウェイの音色は、奏者の心を最大限に映し出す鏡とも言えるでしょう。

ピアノの最高峰とも言われるスタインウェイ、ピアノを弾く人にとっては一度は弾いてみたいピアノではないでしょうか。主要なコンサートホールには置いてあることの多いピアノの一つです。